Skypeオンライン英会話を試してみたよ!動画つき

Skypeを使ったオンラインの英語レッスン、たくさんあるがどこがいいんでしょうね、無料お試しで体験した様子を動画で見る。

オンラインレッスンは試合だと思っている、だから普段の練習も大事だね。

英会話のオンラインレッスンを始めてから結構時間がたってきた。

実際に講師とのマンツーマンでやるスカイプのレッスンはサッカーでいうと試合だと思うんだ。

なんの練習もせずに試合に出ればボロボロになるのは当たり前なわけで、最初の頃のユル〜イ気持ちでのぞんでいたときは、苦痛しかない25分間だったよ。

試合に出るためには練習するのが当たり前、まずは基礎体力づくり

 英語の基礎体力づくりのために最近やっていることはNHKの基礎英語を聞くこと。

 これは元々NHKのラジオ番組なんだけど、アプリになっていて前の週、放送されたものが一週間分聞けるんだ。

 ぼくはこれを毎日のウォーキングのときに聞いている。

 実は何年も前にNHKのテレビの英会話番組を見てた事があるんだけど、いまいち身につかなかった。

 とにかく文字を見ない

 今、思うと敗因はテキストを買っていた事。

つまり番組の内容を文字で確認していた事が敗因だと思っている。

 もちろん、最初はテキストを見ないで番組を見るんだけど、後からテキストを見てしまうと聞き取れない部分も理解したつもりになってしまう。

 だってレベル的には中学生程度の英語なので文字で見たらわかるのは当たり前なんだよね。

 He will be our teacher tody.

今日の先生は彼です。

 こんな感じで文字でみれば一発でわかるでしょう?

でも、耳で聞いてみると一回じゃわからない事が多いんだ。

 なので今回選んだのはラジオ番組。

 アプリからは番組のサイトに飛ぶ事が出来て文字で番組の内容を確認出来るようには、なっているんだけど、あえてそれはしないんだ。

 

知らない単語もスペルの確認をしない

これは調べるのが面倒くさいから言い訳をしているのじゃないよ。

あえて音だけで覚えようとしているんだ。

 たとえば中学生レベルの基本的な単語なんかはスペルを知っている。

unfortunately

 こういう場合、どうしても「アンフォーチュナリイ」というカタカナの音で記憶してしまう。

これはスペルを知っているというより、カタカナの発音で馴染みがあるせいだとは思うけど、とりあえず本来の音では記憶していない。

 知らない単語を音だけで聞いた場合、記憶するには、その音をそのまま覚えるしかないけど、スペルがわかってしまうとどうしてもカタカナ的な覚え方になってしまうのは、ぼくだけかな。

 とにかく、そういう理由で音だけで記憶していこうと決めたわけなんだ。

 ふいに出てきても聞き取れるようになったら、「あっ、そういえばこの単語のスペルって知らなかった。調べてみるか。」というようにしたいんだよ。

 

 NHKの基礎英語

話は戻るけど、NHKの基礎英語2から聴き始めたんだ。

やっぱりこういう事はコツコツやるもんだなと思った。

3ヶ月くらい続けると一段上の基礎英語3でもいけるなぁ、というレベルになってきた。

 なんとなく自然に聞き取れる言葉が増えてくるんだよね。

  

だんだんと聞き取れるフレーズが増えてくる

thank youとかHow are youとかは海外ドラマの字幕ものを見てても聞き取れるでしょ?

それは、そんだけその言葉にたいして耳が馴染んでいるからだよね。

 不思議なもんで耳だけで簡単な英会話の番組を聞いてるとだんだん聞き取れるフレーズが増えて来るんだよね。

 What are you doing here!

こんなのもドラマではよく出てくる。

 you don,t have to go now!

(まだ行かんでよかよ。)

こういうのとか。

 ちょっとづつ、ちょっとづつ「あれ、 今のわかったぞ。」っていうのが増えてきたみたいなんだ。

トランプ大統領は滑舌いい?

ニュースでトランプ大統領の発言を聞いていて、聞き取れることってないですかね。

政治や経済の専門用語はもちろんわからないんだけど、あの人、基本的にゆっくりとわかりやすい発音をすると思いません?

 聞き取れるフレーズが増えてきたらトランプ大統領の言ってる事がわかるようになってきたみたい。

大統領首席戦略官を解任になったバノン氏に対してこう言ってたよ。

He is a friend of mine.

基礎体力をつけて試合に出る

こうやって英語の基礎体力がついてくると試合でもそれを生かしていく事が出来る。

オンラインレッスン、最初は苦痛だけだったんだけど基礎体力がついてきたら少しづつ楽しめるようになってきたんだ。

元々、金髪のおねーさんと話が出来るのは楽しいなっていうふらちな気持ちで始めたスカイプのオンライン英会話。

やってみたら全然会話にならず、ただただ冷や汗の25分間だった。

ところが、ところがコツコツと基礎体力をつけていくと「試合に出てちゃんと仕事をする事が出来る」Jリーグの選手みたいなことになってきたんだ。

なかなかゴールポストを揺らすところまでは行かないけど、ワンサイドゲームじゃなくてちゃんとこちらの力を示す事が出来るようにはなってきているみたい。

ちょっとだけ楽しめるようになってきたんだよ。

この間のレッスンの終わりの挨拶代わりに言ったフレーズはこれ。

Hey! There is something bihind you!

ねえ、君の後ろに何かいるよ!

講師のオネーサンを怖がらせてやりました。

もちろん、ちゃんとあやまったよ。

Sorry  I,m joking!

 


 

こうやって楽しめるようになってくると、まだまだ続けられるなぁと感じられるようになってきました。

やっぱゴールはスカイプではなく面と向かって金髪のオネーさんにジョークが言えるようになりたいのです。

 

 

 

以上「オンラインレッスンは試合だと思っている、だから普段の練習も大事だね。」という記事でした。

関ジャニクロニクル「英会話伝言」を見て「英語を聞き取れないのはなぜ?」を考えてみる

7/1フジTVの関ジャニクロニクル見ました?

前にもやっていたけど、英語でやる伝言ゲーム、これ好きだなぁ。
自分も出来るかどうか字幕を見ないで聞き取ってみるんだよね。

f:id:rAKIA53:20170701135001p:plain

無茶苦茶笑わせてくれるんだけど、英語・・というか言語の聞き取りについて考えてしまうよ。
This is my regular spot.
と言われて「レギュラースポーツってなんや?」と反応する村上くん。
regular spot(レギュラースポット)という言葉が初耳だったら、そう聞こえてもしかたないよね。

f:id:rAKIA53:20170701135020p:plain

特に状況を把握していない段階で短いセンテンスだけを言われて、それを聞き取るのはかなり大変だと思う。

たとえばこんな感じだったらどうだろう?

友人二人がお店に入って、「ここ、よく来るの?」の後に
This is my regular spot.
これならぐっとわかりやすいでしょ?

一応この番組では「カフェでの会話」という前置きはあるのだけれど、いきなり
This is my regular spot.
って来たら「レギュラースポーツってなんや?」となるよね。

次のケースはこれ

f:id:rAKIA53:20170701135041p:plain

冒頭の部分をこういうふに間違えて聞き取っているよ。
Tow small coffees(正解)
To smoke coffees(村上くん聞き取り)

注目すべき点は
small
smoke
この違いなんだけど、普通の会話スピートで話された場合、我々初心者はわからないよ。
一語一語区切って発音されればわかるけど続けて発音されると違いを聞き取るのは難しい。

一語一語区切って発音されたら
smoke
最後のke「クッ」が聞こえるだろうけど、連続したら
トゥー スモー カフィ
に聞こえる。

音だけを追っているとこうなってもしょうがない気がする。

意味がわかれば間違った聞き取りかたは少なくなるはず。

To smoke coffees
タバコを吸うため、コーヒー
意味がわからん。

Tow small coffees
ふたつの小さいコーヒー
意味が通っている。

こんな感じで理解出来る。

さらにカフェの店内という状況で
Tow small coffees to go
とくれば注文してんだな(スモールサイズのコーヒーをふたつ持ち帰りで)と推測出来る。

第1問のThis is my regular spot.では友人同士の会話だったのが
第2問のTow small coffee to go.ではお客さんと店員さんとの会話に変わっているよという状況説明がなかったのも関ジャニにとっては厳しい点だよね。

日本語だって意味がわからないと変なふうに聞き取ってしまう

これを見てて思ったんだけど、よく天然のタレントさんが日本語のとんでもない聞き間違えをするのを見たことありますよね?
これは会話の前後の意味を把握していなくて、その言葉の音だけを聞いてしまっているためだと思いませんか。

音が似てる言葉でも正確に聞き取れるのは音だけを聞いているのではなく文脈、会話の前後の関係から意味が通る言葉を推測しているんだなぁと思うんだよね。

芸人「スーパーマラドーナ」さんのネタから引用させてもらます。

左側:田中さん
右側:武智さん
1分40秒あたり

武智:アンパンマンごっこで、僕はジャムおじさんの役なんだ。

田中:えっ?なんで武智さんだけ実際にジャムを持っているんですか?

武智:ジャムを持参じゃないよ!ジャムおじさんや!

このネタみたいな聞き間違えを実際にする人はいるよね。

音だけ聞いて判断するのは超むずかしい

このように前後の意味を考量して判断しないと言葉の意味を理解するのは難しいと思うんだ。

英会話のソフトで聞き取りの練習があるんだけど、短いがゆえにわからないものがある。
She makes a soup.
彼女が何をつくるのか全然聞き取れなかった。
文字をみればわからないわけないじゃないかと思われるでしょうが、発音している人によってはこういう単純な単語が結構聞き取れないんですよ、我々初心者は。

She makes a soup for dinner.
せめてこれだったら推測出来たかも知れないです。

言葉っておもしろい!

たまに英語の海外ドラマを字幕で見るんだけど、ほぼわからない。

だけど、thank you が出て来ればもちろん必ずわかるし、
What are you doing here!みたいな言葉もなじみがあって必ずわかる。
だから、ちょっとづつ、ちょっとづつ必ずわかる言葉を増やしていく努力をすれば、いつかは字幕なしで観れるようになるんだろうと思うよ。

 


今回は関ジャニの番組を観てて思ったことを元に記事を書いて見ました。

この「英会話伝言」、おもしろいので第3弾を期待してます。

スマホでSkype(スカイプ)オンライン英会話レッスンをするメリット、デメリット

Skypeスカイプ)でするオンライン英会話レッスン、当然スマホでも出来るわけだね。

パソコンを持っている人に比べれば断然スマホを持っている人の方が多いわけだから多くのオンライン英会話スクールもスマホ対応になっているよね。

f:id:rAKIA53:20170601145408p:plain

 スマホでのビデオ通話は多くの人に馴染みがあるだろうから、オンラインレッスンもすんなり入っていけそうな気がするよ。

接続回線は出来ればWi-Hiがいいが3G回線でも大丈夫。

 今回はパソコンに比べた場合のメリット、デメリットを考えてみるよ。

メリット

レッスンの予約などをどこででも出来る。予約の確認も出先ですぐに出来る。

WEBサイト内で教材テキストを見れるスクールであれば、どこででも予習が出来る。

スマホのカメラは高性能、画質がいいのでパソコンで使う安いWEBカメラより使えると思う。

 スマホのカメラを生かしたレッスンが出来る。

室内のものを写してそれについて質問をする、たとえばキッチンに行って「おたま」を見せて、こういうの英語ではなんと言います?みたいな事が出来るね。

ペットに関する会話もいいよね。
f:id:rAKIA53:20170601150609p:plain

 

同様に屋外でもまわりの状況を写して、それについての会話をしたり出来るね。

 

デメリット

 

どこででも手軽に出来るのはいいんだけど、まったくの初心者向きではないかもしれない。

教材テキストを使うときパソコンの場合、教材テキストを開いておき、skypeスカイプ)を行き来してレッスンを受ける事が出来る。

さらにチャットボックスを使ってテキストと打ってもらったり、こちらからもテキストを打ったりが簡単に出来る。

しかし、スマホの場合はこれらの事をするのが結構煩わしい作業になると思う。

f:id:rAKIA53:20170601145855p:plain

僕も先生の言う事が何回聞いても聞き取れなくてチャットボックスに文字で打ってもらうっていうのをよくしてもらうんだ。

で、それに対してこちらからもチャットボックスを使って文字を打ち込むことはよくするよね。

簡単なフリートークが楽しめる程度のスキルがないとスマホならではの楽しい使い方は出来ないかも知れないね。

 


パソコンを持ってなくてもスマホskypeオンライン英会話レッスンが受けられるのは手軽でいいと思うんだけど、教材テキストを使ったりするときに、ちょっと面倒かもね。

 

以上「スマホSkypeスカイプ)オンライン英会話レッスンをするメリット、デメリット」という記事でした。

QQEnglishオンラインの無料レッスン2回目

前回QQEEnglishオンラインの無料レッスンを初めて受けてみた

 

スカイプの英会話オンラインレッスンって、ぼくみたいなまったくの初心者レベルのものにとって結構大変なんだ。

 前回は、ほとんど聞き取れず冷や汗ものの25分間でした。

レッスンなんだから、Speak more slowly pleaseって言えばいいでしょうっていうあなた、それを言ったらずっとSpeak more slowly pleaseを言ってなきゃいけなくなる。

それを言えば、たしかにゆっくりは喋ってくれるよ。

でもまたすぐに元に戻る。

そんなに頻繁にはSpeak more slowly pleaseとは言えない空気なんだよね。

ぼくが気が弱いせいも多分にあるとは思うけど。

 

で、まぁ、そんな感じで一回目は終わったんだ。

それでこちらのレベルを判断してもらって2回目に使う教材テキストも選んでもらった。

 

それで無料レッスン2回目

QQEnglishオンラインの無料レッスンは1回目が終わったら1週間以内に2回目を受けないといけないんだ。

 それで、わりとすぐに2回目の予約を入れた。

1回目は日本人スタッフのサポートがあったんだけど、2回目はまったくのマンツーマンレッスン。

結構、緊張する。

その様子がこれ

なんかね〜結構うまいこといったみたい。

勝因は前回のレッスンでまったくの初心者だってレベル判断されて教材テキストもそれなりのものを使ったからだね。

「アルファベットをAからZまで言って」みたいなレッスンだったんだけど、自分のレベルはその程度って事がわかったよ。

My name is Akira.
What is your name?

みたいなレベルの事を「じゃ、今度はわたしから聞くので答えてください」みたいに役割交代をしてやってみる。

My name is Paige.
What is your name?

↑これ自体は簡単だけど「じゃ、今度はわたしから聞くので答えてください」というのも英語なので、一回ではわからない。でもそういう部分がトレーニングになるみたいだね。

で〜、今回の先生は非常に丁寧に教えてくれたんだね〜。

よかった、よかった。

なかなか楽しい25分間でした。

ちょっと気になったのは
Can I take this lesson on video?
これ通じなかったね。
「エ〜、なに?どういう意味?」って何度も聞き返された。
結局わかってもらえて許可してくれたけど、

「このレッスンをビデオに録っていいですか」ってどう言うんだろう?

 

ぶっつけ本番じゃなく予習していった

正直にいうと、今回は予習をしていった。

地味にNHKラジオの基礎英語1、基礎英語2をストリーミングで聞いて耳を慣らしてみたよ。

テレビでもEテレで「おとなの基礎英語」とかやっているけど、テレビの場合、英語の字幕が出るでしょう?

どうしても、そっちに目がいってしまう。

Do you know what I'm talking about?

って普通のスピードで言われたら一回じゃ聞き取れなかったりするけど、字幕が出るとそこに瞬時に目が行く。

聞き取れはしないけど、こんなのぱっとテキストを見れば理解できる。

だからテレビではだめ。

ラジオで音だけで聞き取る訓練をした方がいいと思ったんだ。

という感じで予習をしていったので、少しは聞き取れるようになって楽しめたんだと思うよ。

 


さあ、QQEnglishオンラインの無料レッスンも済んだんで、次はどこの無料レッスンをうけてみようかな〜!

 


以上、「QQEnglishオンラインの無料レッスン2回目」という記事でした。

QQEnglishオンラインの無料レッスンお試しを受けてみたよ

f:id:rAKIA53:20170521165738p:plain

このサイトではスカイプを使ったオンライン英会話レッスンの体験談を記事にしているんだ。
今回はQQEnglishオンラインのお試し無料レッスンにを受けてみたよ。

もともとはバイク便の会社

QQEnglishオンラインはもともと東京都内のバイク便の会社だったんだ。

そのバイク便の会社の社長がフィリピンで始めた会社で、いまでは講師800人をかかえるフィリピン最大の英会話学校になったんだ。

さっそく無料レッスンをお試し

まずは無料会員登録。

スカイプ名(skype ID)が必要なので事前にスカイプのセットアップが必要だね。

会員登録が済んだら、すぐに無料レッスンの申し込みができる。

1回目の無料体験では講師は選べない。まず日本人スタッフとスカイプで話しをしてそのあと、あちらで選ばれた講師とのレッスンが始まる。

レッスンの前に日本人スタッフがスカイプの使い方などを教えてくれるので、スカイプ初心者の人にはやさしい対応になっているね。

実は今回、事前の日本人スタッフさんの説明のあいだに音声が聞こえなくなってしまって、そのまま講師の人とのスカイプのレッスンに入ってしまったんだけど、音声が聞こえないので(こちらの声は向こうには聞こえているようだ)途中で中止になったんだ。

そうしたら、また日本人スタッフさんが応対してくれて、まともなレッスンにならなかったので改めて別時間に無料レッスンの予約を(初回分として)取ってくれた。感謝!!

 改めて受けたスカイプでの無料体験1回目の様子はこんな感じ。

 基本的にはこちらのレベルを判断するレッスンになっているね。

他のスカイプ英会話レッスンでもそうなだけど、僕のレベルではほとんど聞き取れず、何回も言ってもらった。

1回目のレッスンの後にも日本人スタッフさんの応対があり、次回の予約仕方や料金システムなど説明などがあるよ。

こんな感じ。

気になる料金

  • 月会費プラン
  • 毎日プラン

月会費プランは自分の都合のいい日だけレッスンを受けるスタイル。

毎日プランは毎日レッスンを受けるスタイル。

月会費プラン

3,685円(税込 3,980 円)
月4回~8回受講・予約可能
毎月400ポイントが支給されてそのポイントでレッスン料を払っていく。

講師のグレードによって、50ポイント、75ポイント、100ポイント、と分かれていて 50ポイントの講師のレッスンなら月8回受けられるね。

グレードの違い

50ポイント:普通レベル たくさんいるので予約しやすい。
75ポイント:優秀レベル 少ないので予約しづらい。
100ポイント:講師養成が出来るレベル ほとんどいないらしい。

400ポイント使い切ったときは追加でポイントを購入できるんだって。

毎日プラン

毎日レッスンを受けたい人はこっちだね。 一回のレッスン料は安くなる。

毎日25分 1レッスン 毎日50分 2レッスン 毎日100分 4レッスン
5,780円
(税込6,242円)
9,680円
(税込10,454円)
15,800円
(税込17,064円)

レッスン単価を比べると

月会費プラン 毎日25分 1レッスン 毎日50分 2レッスン 毎日100分 4レッスン
460円~
税込 498円)
186円
(税込 200円)
156円
(税込 168円)
127円
(税込 137円)

こんな感じになってます。

 

1回目の無料お試しレッスンを終えて

初回は日本人スタッフが時間をかけてスカイプの操作などを説明してくれるのはありがたいと思ったよ。動画を見てくれればわかるけど、とても丁寧に応対してくれるよ。

レッスンに使うテキストは用意されていて初回のレッスンで次に使うおすすめテキストを選んでくれるんだ。

無料お試しレッスンはもう一回残っていて、次からは通常の予約の手続きを踏んで講師の選択が出来る。そのかわり、日本人スタッフの応対はないのでちょっとさみしい。

さてと、それじゃ講師のリストから選んで予約しますかね。がんばるぞ〜!

 

以上「QQEnglishオンラインの無料レッスンお試しを受けてみたよ」という記事でした。

短いセンテンス、前後の内容がわからないと聞き取りにくい

普通に日本語のドラマを見ていて、セリフが聞き取れないときがある。
別に音が小さい訳でないのだが、何ていってるのかわからないのだよね。
ビデオ録画をしていた場合は、巻き戻してもう一度聞いてみる。

もう一度聞いても、エっ?となってわからない。 さらに聞く。ア〜っとなってやっとわかる。

こういう場合、まず考えるのは前後の会話の関係。 それとどういうシーンかという事。

こういう状況で交わされる言葉は何だろうと推測していくと、あ〜、それを言ってるのね、となる。

何を言いたいかというと、英語の聞き取りで、なんの脈絡もなく、短いセンテンスを聞かされてもわからない事が多いと感じるという事。

一語づつ、ゆ〜っくり言ってくれれば簡単なものでも、普通のスピード、普通の話し方で言われると、それだけを聞いただけでは、まったくわからない。

英会話のアプリでそういった聞き取りのテストがあるが、前後の関係なしで、それだけを聞くとまったくわからないものがあるよ。

何回聞いてもまったくわからないんだよね。

I want her near me.(彼女にそばにいて欲しい)
アッオンフニーミィ
何度聞いても、こんな感じに聞こえる。

I design it.(デザインする)
アデスッラーィネッ
こちらもま〜ったくわからんかった。

「お前の耳、ど〜なってんねん」って言われそうだけど、やっぱりこんな風に聞こえてしまうよ。

文字を見ると「な〜んだ」となるが、前後の会話がないとぜんぜん推測出来ないよ。

タモリ倶楽部の「空耳アワー」みたいに英語の字面からすると、全然違う音に聞こえる場合ってあるわけで。

言葉を聞き取るには、頭の中のデータベースに膨大な資料があって、その中から似た響きの言葉を集めて、その中から前後の会話の状況に応じたものを選ぶという作業になるんだなぁと思うよ。

トラベル英会話で丸暗記したフレーズを一方的に言っても通じるのだが、予期せぬ言葉を言われた場合は、あせってしまう。
わからない場合の聞き返す言い方を何パターンか覚えておく必要があるね。
気軽な言い方からフォーマルな言い方まで。

 

以上、言葉って音だけではなく置かれた状況を把握するのも重要だなぁと思うっていう記事でした。

英会話レッスンのときスカイプの音声が聞き取りにくいと困るよね

講師の選び方の一つとして、スカイプの音声がクリアな人だと聞き取りやすい。

 

インターネットの回線状況が原因で音声が途切れ途切れになったり、こもったりするのはしょうがないんだけど、講師のパソコン環境の問題で使っているマイクの性能によってはクリアな音声で聞こえてこないというのもある。

 

さらにいうとスタジオとまでは言わないけど、ある程度防音されていて生活音がしない環境であるといい。

マイクもノート型パソコンに付いているマイクではなく、せめてヘッドセットになっているようなマイクが好ましいね。

 

f:id:rAKIA53:20161017153243j:plain

つまりマイクが口元にあると背景音が混ざりにくい。

 

困るのはノート型パソコンに付いているマイクを使い、さらに音が反響しやすい部屋でやっている場合。

風呂場のように音が反響しまくっていて、何をいっているのか聞き取りにくい事になってしまう。

 

講師のプロフィールに付いている動画をよくチェックするんだけど、大抵は反響しやすい部屋で口元から離れたマイクに向かって喋っている事がほとんどのような気がする。

 

だからすごく聞き取りにくい。

ただでさえヒアリング出来ないんだから、そこはクリアに聞きたいよ。

 

実際にレッスンするときの環境とは違うみたいだけど、その人のアピールをする動画なので、もうちょっとスタッフが気を使えばいいのにと思うね。

 

レッスンを受けてみて音声が反響しまくって聞き取りにくいときは、別の講師を探したほうがいいかもしれない。

その人はいつも、その環境でレッスンをしているということだからね。

 

それじゃ、自分の方の環境はどうなのよ?

自分の方は・・・

ノートパソコン付属のマイクでやってるなぁ。

部屋はうるさくはないと思うけど、たまにある「いらなくなった家電、お引き取りにうかがいます〜」っていう拡声器の音は入ってしまうだろうなぁ。

 

ほんとはこっちも、せめてヘッドセット型のマイクを使えば相手にクリアに音声を伝えられるのだろうけど、ま〜・・いいんじゃないの。

スマフォやタブレットでそのままやる人もいるだろうし、それだけ気軽に出来るのがスカイプによるオンライン英会話レッスンなんだからね。

 

 

通信状況や機器のトラブルのときは

スカイプの接続やパソコンの調子がよくないときに覚えておきたいフレーズ。

 

There is something wrong with the internet connection.

インターネットの接続がなんかおかしいです!

Can I restart my computer?

僕のパソコンを再起動していいですか?

 

Sorry, I can’t hear you. It’s not clear.

すいません、そちらの声が聞こえません。 明瞭ではないです。

You keep breaking up.

途切れ途切れになってます。

Your voice is very small.

声がとても小さいです。

There is a noise.

ノイズがあります。

Can you fix your mic ?

マイク(の位置)を直してくれますか?

 

Sorry, I can’t see you.

すいません、そちらが見えません。

Can you fix your video?

映像を調整してくれますか?

 

このへんのフレーズはトラブルの際には覚えておくと助かるよ。

 

 

という事で僕も次のレッスン頑張ります!